情報商材のネットビジネスはいくら稼げるか

「情報商材の販売っていくら稼げるのかな」と疑問に思っている方もいると思います。
今回は、そんな方に向けて、情報商材のネットビジネスはいくら稼げるのかを解説します。

まず、一つ言っておきます。
情報商材の販売は、ネットビジネスの中でも「トップクラス」に稼げます。
いくら稼げるかといえば、本当にトップクラスの人だと「月収で1億」とかです。
あるいは、月収100万で良いのであれば、これはもうたくさんの人がこのくらいの額を稼いでいます。
では、どうして情報商材の販売は、ここまでの大金を稼げてしまうのでしょうか?
ここまで大金を稼げてしまう理由について、解説していきますね。

1つ目の理由は、「圧倒的に高単価だから」です。
例えば、アフィリエイトって報酬はいくら位かご存知ですか?
安いものだと1件あたり数百円。高いものだと1件あたり数万円ですね。

ですが、情報商材の単価は、桁が違いまして、「数十万」とか「100万」とかです。
一つあたりの単価ですよ?
つまり、月収1000万のためには、たった10人の方に成約してしまいさえすれば、月収1000万になるわけです。

では、どうしてこんなにも高単価なのでしょうか?そして、高単価でも売れてしまうのでしょうか?
それは、「情報の希少性」にあります。
インターネットは、情報の移り変わりが激しいですよね。
皆さんも、インターネットで検索されることが多いと思いますが、玉石混交であることが分かると思います。

そのため、「価値のある情報」があれば、それはお金になるのです。
例えば、その情報を知っていれば、仮想通貨で勝てるようになり、20万の商材で得た情報を使って、1000万もの利益を出す。なんてことも可能なのです。

2つ目の理由は「時間がかからないから」です。
1つ目の理由と繋がっていることですが、高単価であれば、たくさんの人を集客する必要はなくなります。
一つ10万の商材であったとしても、それを10人に売ったら100万円です。つまり、10人を集客できればいいのです。

10人を集客するのって、そんなに大変ではないですよね。確かに、10万円の商品を買ってくれる10人ですから、アフィリエイトで集める10人よりかは大変かもしれません。
ですが、1000人とか1万人もの人を集めなければいけないビジネスよりは、遥かにやりやすいです。

この二つの理由が相乗して、そして更にネットなので「原価がほぼかからない」というメリットがあります。
これで、圧倒的に高収入になれるわけなのですね。